川口技研ベアリングロックで窓回りから防犯対策を徹底しよう

住居の環境を調整するために人工呼吸器を回すことも重要ですが、窓から直接換気することも重要です。

窓を開けて換気するとき、昆虫が入り込まないように網戸の中にいると多くの人が言う。

しかし、私は網戸の状態にあるとき、違法侵入が心配です。

そのような場合には、網戸に防犯を持たせることが重要です。

今回は、網戸の防犯対策を詳しく見ていきましょう。

網戸の防犯対策の重要性

網戸は昆虫の侵入を防ぐのに有効であるが、人の侵入を防ぐことは困難である。

犠牲者の多くは、ガラスの欠如や破壊によって侵入する傾向があります。

ドアロックが完璧であっても、賢明な手段で引き裂かれる危険性があり、様々なセキュリティ対策を講ずることが重要です。

窓をセキュリティガラスに置き換えると、キーを強化するなどの方法も良いです。

しかし、網戸の防犯対策を行うことにより、防犯効果をさらに向上させる可能性がある。

網戸の防犯効果を強く高めると、侵入に必要な時間を得ることができます。

空の鐘に至る犯罪者のほとんどは、犯罪にあまりにも多くの時間を費やしたくないと考えているので、あきらめ易いはずです。

網戸の防犯

網戸は、基本的に部屋の換気、防虫剤などに使用できます。

しかし、あなたがそれをうまく利用することができれば、網戸は防犯効果も得ることができます。

具体的な使い方を見てみましょう。

鍵付きの側面に取り付けする

第三者が侵入経路の窓を選択すると、キー部分の周りが壊れる傾向があります。

ただし、その前に網戸を設定すると、防犯効果を得るのが容易になります。

通常の網戸はカッターで比較的壊れやすく、直接防犯効果を得ることはできません。

キーを開く前に網戸が障害物になるので、スラッシュや割れなど余分なステップを1つ増やすことができます。

時間を稼ぐだけでなく、画面のドアを動かすと音が鳴り、犯罪者もそれを気に入らないでしょう。

スクリーン犯罪防止のための補助キーを取り付けする

網戸の侵入を物理的に防止することは困難です。

したがって、鍵を強化することは、犯罪被害の軽減にも重要な役割を果たします。

特に補助キーを付けると、ロックを解除するのに時間と手間がかかり、侵入防止につながります。

ここでは、推奨される補助キーを紹介します。

川口技研ベアリングロック

接着テープですぐに取り付けることができる補助キーです。

耐久性の面では高い効果は期待できません。

しかし、網戸は開けにくいため、防犯効果を得ることができる。

補助キーを初めて使用する人にお勧めできる製品です。

また、キーが壊れて交換されるまで、ジョイントとして使用することも有効な方法です。

コルナンオリジナルサッシの補助ロック

窓サッシに貼付することで犯罪防止効果を実証する補助キーとなる。

それはスクリーン犯罪防止に使用できるので、複数の相乗的な利便性で取り付けすることもできます。

つまみを回すだけで使えるので、誰にでも簡単につけることが魅力的だといえます。

クレセントタブレット窓補助タブレット

ドライバーで付けることができる補助キーになります。

廃止されたキーとの交換の形で使用されます。

すぐに鍵をつけたい人に適した製品であり、ディーラーに相談して強い鍵で置き換えてください。

他の窓や扉を犯す措置

補助キーを取り付ける措置に加えて、どのようなタイプの網戸犯罪防止が存在するかを紹介します。

スクリーン破裂に強いスクリーンを使用する

ステンレス素材の網戸もあり、通気性と防犯性を備えたものとして人気があります。

それは比較的強い材料で作られているので、安いナイフやハンマーでも壊れにくいです。

犯罪に多大な時間を費やすという効果が期待できるので、被害者の被害を効果的に回避することができます。

補助の代わりに二重ロックにする

同時に窓と網戸を同時に保持できるキーを採用することも有効です。

サッシを持ち上げたり取り外したりすることも難しく、犯罪被害を防ぐことができます。

窓ガラスを破壊するときは、2カ所、または広範囲に破壊する必要があります。そのため、音が大きくなり時間がかかるなど、犯罪者の嫌な効果を実証できるはずです。

まとめ

一見すると防犯に役立つように見えるかもしれませんが、効果的に使用すると防犯効果が発揮されます。

そのためには、ポジションを工夫し、オブジェクトを破るのが難しいものに置き換えるなどの配慮が必要です。

また、補助キーを追加することは効果的であり、効果の高いものは侵入を防止するのに役立つ。

鍵の専門家による犯罪防止のために、鍵を高いものに置き換えたり、壊したりすることは良い考えです。

関連記事

ページの先頭へ